Publications

論文+その他

Kaneko, S., & Anstis, S. (2017). Spatial frequency shifts from counterphase flicker and from simultaneous contrast. i-Perception, 8(3), 2041669517707766.

Kaneko, S., Anstis, S., & Kuriki, I. (2017). Brief presentation enhances various simultaneous contrast effects. Journal of Vision, 17(4):7. doi: 10.1167/17.4.7.

Anstis, S., Kaneko, S., & Ho, A. (2016). Motion-driven transparency and opacityi-Perception, doi:10.1177/2041669516667629. (PDF)

Anstis, S., & Kaneko, S. (2016). Rotating squares look like pincushionsi-Perceptiondoi:10.1177/2041669516664741. (PDF)

Anstis, S.,  Dykmans, N.,  Kaneko, S., & Cavanagh, P. (2016). Orbiting black/white rays produce an ‘illusory’ grey disk. Perception, 45(5), 596-600.

Kaneko, S., Giaschi, D., & Anstis, S. (2015). Flicker adaptation or superimposition raises the apparent spatial frequency of coarse test gratings. Vision Research, 108, 85–92; doi:10.1016/j.visres.2015.01.005

Anstis, S., & Kaneko, S. (2014). Illusory drifting within a window that moves across a flickering background. i-Perception, 5(7) 585–588; doi:10.1068/i0695sas.

金子沙永・Deborah GIASCHI・Stuart ANSTIS (2014). フリッカが空間周波数知覚に与える影響、VISION、26(4)、143-146.(講演要旨)

Kaneko, S., & Murakami, I. (2012).  Flashed stimulation produces strong simultaneous brightness and color contrast. Journal of Vision, 12(12):1, 1–18, http://www.journalofvision.org/12/12/1, doi:10.1167/12.12.1.

金子沙永・村上郁也 (2011). 瞬間呈示刺激の明るさ同時対比、VISION、23(1)、47-51.(講演要旨)

Kaneko, S., & Murakami, I. (2009).  Perceived duration of visual motion increases with speed. Journal of Vision, 9(7):14, 1-12, http://journalofvision.org/9/7/14/, doi:10.1167/9.7.14.

金子沙永・村上郁也 (2007). 時間過大視に時間周波数・空間周波数が与える影響、VISION、19(2)、107-110.(講演要旨)

学会発表(国外)

【ポ】Kaneko, S., Murakami, I., Kuriki, I., Peterzell, D. 「Individual differences in simultaneous contrast for color and brightness: Preliminary small-sample factor analyses reveal separate processes for short and long flashes, different hues and luminance polarities.」 『40th European Conference on Visual Perception』, #23, Berlin, Germany, (August, 2017)

【ポ】Kaneko, S., Anstis, S., Kuriki, I. 「Effect of temporal modulations of dynamic inducer on tilt illusion.」 『Vision Sciences Society 17th annual meeting』, #53.4102, Florida, USA (May, 2017)

【ポ】Kaneko, S., Anstis, S., Kuriki, I. 「Brief presentation enhances various simultaneous contrast effects.」 『Vision Sciences Society 16th annual meeting』, #26.3031, Florida, USA (May, 2016)

【ポ】Kaneko, S., & Anstis, S. 「Spatial frequency shifts from flicker and from simultaneous contrast.」 『38th European Conference on Visual Perception』, #2P1M102, Liverpool, UK (August, 2015)

【口】Kaneko, S., Giaschi, D. & Anstis, S. 「The effect of flicker on apparent spatial frequency.」 『The 10th annual Asia-Pacific conference on vision』, #O3A-9, Kagawa, Japan (July, 2014)

【ポ】Kaneko, S., & Hisakata, R. 「A new swaying bar illusion.」 『Vision Sciences Society 14th annual meeting』, #33.430, Florida, USA, (May, 2014)

【口】Kaneko, S., & Anstis, S. 「Contours can inhibit flash-enhanced simultaneous contrast.」 『13th annual Optical Society of America Vision Meeting』, #n/a, Texas, USA. (October, 2013)

【ポ】Kaneko, S., & Murakami, I. 「Effective ranges of shorter durations yielding greater simultaneous contrast of brightness and color.」 『Vision Sciences Society 12th annual meeting』, #102, Florida, USA. (May, 2012)

【ポ】Kaneko, S., & Murakami, I. 「Simultaneous contrast of brightness and color for flashed stimuli.」、『Vision Sciences Society 11th annual meeting』, #16.529, Florida, USA. (May, 2011)

【ポ】Murakami, I., & Kaneko, S. 「The perceived duration of motion increases with speed.」、『Vision Sciences Society 8th annual meeting』,#36.411, Florida, USA.(May, 2008)

学会発表(国内)

【口】金子沙永・Stuart Anstis・栗木一郎、「動的変調する誘導刺激からの傾き対比と変調速度の関係」、『日本視覚学会2017年冬季大会』、#1o04、NHK放送技術研究所(東京)、2017年1月

【口】金子沙永・Stuart Anstis・栗木一郎、「瞬間呈示での傾き同時対比と誘導刺激方位の関係」、『日本視覚学会2016年冬季大会』、#3o02、工学院大学(東京)、2016年1月

【口】金子沙永・村上郁也、「明るさ同時対比・色同時対比と呈示時間の関係」、『日本視覚学会2012年夏季大会』、#7o07、山形大学(山形)、2012年8月

【ポ】Kaneko, S. & Murakami, I、「The effect of duration on the simultaneous color contrast」、『The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society』、#P2-i17、パシフィコ横浜(神奈川)、2011年9月

【ポ】金子沙永・村上郁也、「瞬間呈示刺激の色同時対比」、『日本視覚学会2011夏季大会』、#2p16、九州大学(福岡)、2011年8月

【ポ】金子沙永・村上郁也、「瞬間呈示刺激の明るさ同時対比」、『日本視覚学会2010夏季大会』、#P12、東京工業大学(神奈川)、2010年8月、 ベストプレゼンテーション賞

【ポ】金子沙永・村上郁也、「視覚刺激の持続時間知覚とオンセット/オフセット知覚の関係」、『日本基礎心理学会第27回大会』、#2P-14、仙台国際センター(宮城)、2008年12月

【ポ】金子沙永・村上郁也、「運動速度に依存した見えの持続時間の変化」、『日本視覚学会2008年冬季大会』、#2p7、工学院大学(東京)、2008年1月

【ポ】金子沙永・村上郁也、「ガボール刺激の運動速度が見えの呈示時間に及ぼす影響」、『日本基礎心理学会第26回大会』、#2P17、上智大学(東京)、2007年12月

【口】金子沙永・村上郁也、「時間過大視に時間周波数・空間周波数が与える影響」、『日本視覚学会2007年冬季大会』、#3o12、東京工業大学(東京)、2007年2月、ベストプレゼンテーション賞

(【口】:口頭発表、【ポ】:ポスター発表)

その他(非学会発表など)

Kaneko, S. 「Temporal properties of simultaneous contrast effects」(September, 2017)(@University of Aberdeen, 学内セミナー)

Anstis, S. & Kaneko, S. 「Rotating squares look like pincushions」(May, 2017)(Vision Sciences Society 15th annual Demo Night)

Anstis, S. & Kaneko, S. 「Illusory drifting within a window」(May, 2016)(Vision Sciences Society 14th annual Demo Night)

Kaneko, S., Anstis, S., Dykmans, N., & Cavanagh, P.「Orbiting black/white rays produce an ‘illusory’ grey disk」(May, 2016)(Vision Sciences Society 14th annual Demo Night)

Kaneko, S. 「Flashes and outlines affect simultaneous contrast」『Postdoctoral Research Symposium @UCSD』, (September, 2013)(学内シンポジウム)

金子沙永・村上郁也「視覚運動刺激の見えの持続時間は速度に依存して長くなる」『東京大学生命科学研究ネットワークシンポジウム2008』(2008年、学内シンポジウム)

 

賞など

【職歴・教育歴】

2007年4月〜2008年3月 東京大学ティーチング・アシスタント

2009年4月〜2012年3月 日本学術振興会特別研究員(DC1)

研究課題名:視覚運動が時間知覚・空間知覚に与える影響に関する心理物理学的解明(21-10634)

2011年5月〜2013年3月 専修大学ティーチング・アシスタント

2012年4月〜2013年3月 東京大学リサーチ・アシスタント

2013年4月〜2015年3月 日本学術振興会海外特別研究員

2015年4月〜     日本学術振興会特別研究員(SPD)new!

研究課題名:時空間的文脈を利用した効率的な知覚構築のメカニズムの解明(社会科学3815)

【受賞歴】

ベストプレゼンテーション賞」、日本視覚学会,2007年2月

一高記念賞」、東京大学教養学部、2007年3月

広域科学専攻奨励賞」、東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻、2009年3月

ベストプレゼンテーション賞」、日本視覚学会,2010年8月

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。